青汁ランキング!本当に人気の青汁をランキング・口コミから徹底比較!

青汁コラム

青汁ランキング結果


調査隊プロフィール

青汁の効果・効能?

ジュニア野菜ソムリエ 美由紀です!

青汁ランキングにあたって最も気になるのは効果・効能?ということで、ワタクシ美由紀がジュニア野菜ソムリエの視点から調査してみました!

◆ 日本人は野菜不足!

なんといっても、いまの日本人は野菜摂取不足!肉ばかり食べているイメージがある西洋人よりも実は野菜摂取量が少ないってこと、ご存知でしたか?
戦後から食生活の変化が起こり、昔ながらの野菜や穀物を中心とした食事から、動物性食品の食事へと変わってしまいました。なんとなく野菜が足りていない…けど特に病気になっているワケじゃないし…なんて考えが、大きな間違いなんです。
いま日本人の三大死因と言われている「ガン」・「心疾患」・「脳血管疾患」では、野菜や果物をしっかりとることで予防ができると言われているんです。

日本人の三大死因

◆ どのくらい野菜が必要なのか?

農林水産省のデータによると、現代の日本人が摂取している野菜の量は1日約260g。ところが、厚生労働省が策定した「健康日本21」によると1日の野菜摂取目標は1日約350g!
あと110gも足りないんです。1年に換算するとなんと40kgも野菜不足です!
これでは生活習慣病にならないほうが無茶、というものですよね…。事実、ガンと緑黄色野菜の死亡率調査で顕著な結果が出ているデータもあるんです。
これからの10年、20年を健康に過ごすためにいかに野菜摂取が大切かということがお分かりいただけたでしょうか?

1日の野菜摂取目標

◆ 野菜を食べても栄養が足りない!

スーパーに並んでいる色とりどりの野菜たちですが、じつは年々品種改良が行われています。品種改良といっても、メーカーや農家が考えることは「売れること」だけ。
つまり改良されているのは「味」だけなんです。
味のために品種改良された野菜は、栄養素がどんどん少なくなっているんです。私たちが小さい頃に食べた、食べづらかったほうれん草の味を覚えていますか?今、野菜売り場に並んでいるほうれん草は味も見た目もまったく別物。
もちろん栄養にいたっては雲泥の差です。
五訂日本食品標準成分表によると、1951年と比較して2000年頃のほうれん草で、ビタミンAは約1/4、鉄分は約1/6。にんじんではビタミンCが1/2、鉄分にいたっては1/10にまで減少しているのです。
昔の野菜と比べて今の野菜は、その何倍も食べなければ栄養が取れないという恐ろしい状態になってしまっているんです。

◆ 青汁に使われる野菜・植物

普段の食生活では必要な量だけ栄養をとることが難しい。だから青汁の出番になるのですが、なぜ青汁がお勧めかというと、今の野菜のように味だけを目的に品種改良(改悪?)されたスカスカの野菜と違い、野菜の原種や自生植物を使っているため非常に栄養価が高く昔ながらの良さが生きているからです。
例えば青汁の原料としてポピュラーなケールはキャベツなどの原種であり、栄養豊富で強い力を持っていたケールが品種改悪された結果がキャベツなどの野菜となっているため、その栄養価は通常の野菜の何倍にもなるんですよ!

◆ 野菜摂取による効果

緑黄色野菜に含まれるビタミン類によって軽くは、風邪の予防から、葉酸(クロロフィル)やカロチン、ビタミンCによる心臓病、脳卒中予防、ダイオキシンなどの有害物質を体外除去する働きが注目されています。
また近年話題になった抗酸化作用によって活性酸素を減らし、ガンなどのリスクに対応することができるんです。

◆ビタミン類の効能・効能

  • ニキビ、吹き出物、肌荒れ → ビタミンAやビタミンC
  • 喘息、アトピーなど → ケルセチン
  • 風邪 → ビタミンC
  • 便秘 → 食物繊維
  • 白内障、緑内障など → ルテイン
  • 貧血 → 鉄分
  • 胃弱、胃炎、消化性潰瘍 → ビタミンU
  • 肝臓病 → ビタミンU
  • 口臭、体臭 → クロロフィル

青汁ランキングTOPへ

青汁ランキングは青汁に関する独自調査の口コミなどの結果をランキングとしてお伝えしています。
ランキング結果や青汁の口コミは私達個人の体験によるものですので、青汁ランキングはあくまでも青汁購入・通販の目安として口コミやランキングなどを参考にしてください。

(c)青汁ランキング!おいしい青汁をランキング・口コミから徹底比較!